うたばこの収録でした

左から藤木和人さん、僕、エリポン


昨日は「うたばこ」の収録に行ってきました。
今回ははいだしょうこさんが読み聞かせるコーナーがあり、その場面での音楽となる訳ですが、、私が、、あれなんです(笑) 内容はここではまだ言わない方が良いんだろうと思うので、、興味のある人は放送チェックして下さい。たぶん11月頃の放送じゃないかと思いますので。

今回も音楽監督のカズさんからHip GigでとあったのでHip Gigを持って参上しました。
セットアップしてエンジニアリングを担当している方々がお仕事してしてる間にチューニングを。10インチのタムのヘッドがお亡くなりになってましたな。そう言えば前回ダブルドラムのセッションに持っていた時にかなりハードに叩いたものね〜。予備のヘッドもなかったのですが、何とかしましたな。

劇伴的なセットなのであまりオンマイクでスタンド立てる訳にはいかないらしくキック、スネアオーバートップの3点から狙って録って頂きましたが、これが、これが、なかなかグーなサウンドで嬉しかったです。改めてHip Gigのポテンシャルの高さと言うか、思い知ったと言う感じ。

Hip Gigと言えば、、
僕の使っているタイプはドラムスローン(椅子)がスタンドの収納にもなるのですが、その為高さ調整が出来ない。しかも僕にとってはだいぶ高い。長時間の演奏だと太ももの裏の椅子の端が当たるところが痛くなる。
スローンも別に持っていけばいいだけど、、
スネアも12インチと小さいので結構普通のサイズのスネアをスタンドで立てて使ってる人も多いかと。
シンバルも別スタンドであれこれ使ったりも出来るんだけどね。
でも、この楽器使う時はこのオリジナルのままで楽しみたいと思ってて多少椅子の高さが高かろうが、腿の浦賀痛くなろうが、、オリジナルパーツ&ドラムで使おうと思います。まぁ、心変わりはあるかもしれませんがね〜、この先に。
でも、とにかくこのオリジナルのスタイルがお気に入りなので暫くはこのままじゃないかな?

thank you! Cho-san, Makisan, Kazusan, Eripon, yukachan

紹介

ドラマーのクボ コウイチロウです。 講師の仕事を中心にバンド、セッション、サポートの活動をしています。

カテゴリー: diary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください